新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 1114   (公開日 2002年08月15日) (カテゴリ 情報・通信社会・文化・教育
速読トレーニングシステムの開発
●内容 音楽を中心とした芸術と科学技術との情報複合領域の研究を進めているこの研究室では、文字情報の獲得速度を驚異的に向上させるための速読能力トレーニングマシンを企業と共同で開発したいと考えている。
音楽における楽器演奏技術やスコア・リーディングの速度を高めるためには高度な訓練がなされている。これらは視覚として得られた情報から必要なものだけを速く効率よく認識する能力の開発であり、その手法の一部は速読の訓練に生かせるものである。特に漢字と平仮名が混在する日本語は速読に向く言語と考えられ、速読能力開発を中核として、ユーザの知的情報処理、知的生産性のトータルアップを計るシステム開発を行う。
本研究開発に関しては、東大病院第2内科医師、群馬パース看護大学教授 栗田昌裕博士(SRS研究所長)との共同研究事業としてのプロジェクト化を準備したい。
●研究者
准教授 伊東 乾
大学院情報学環 先端表現情報学コース
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。