新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 1593   (公開日 2003年07月08日) (カテゴリ 農林水産・食品環境・エネルギー機械
貧栄養海域を漁場として開発する技術的な提案
●内容 太平洋をはじめとする海洋の大部分は栄養源が十分ではなく、水産資源が貧しい海の砂漠になっている。このような海域に、富栄養化した深層水を海面まで汲み上げ拡散させることで、周辺を水産資源が豊富な海域とするための研究が進められている。そのために必要な要素として、数百m以下の深層水を安定して汲み上げる技術が必要となる。  当研究室では、孤島を根拠地とし、浮体式海洋構造物で設置面積を確保、再生可能自然エネルギを動力源とする新たな海洋空間利用の可能性を探している。  このプロジェクトに実現化に向かい、興味を持つ企業と勉強会を立ち上げたい。
●研究者
教授 林 昌奎
生産技術研究所 附属海中観測実装工学研究センター
生産技術研究所 附属千葉実験所
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。