新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 1836   (公開日 2003年11月11日) (カテゴリ 経済・経営・政策・法律
特許法における「発明者」の認定基準の研究
●内容 今後わが国の国益に大きく関わることが予想される問題として、発明者の認定の問題がある。日本特許法は「発明者」の定義を設けておらず、実務的にも曖昧なままに済まされていることが多い。そうした状態のままでは、アメリカ合衆国で行使できなくなるなど、特許権を取得する意味がない場合もある。単なる防衛特許などと異なり、戦略的に重要な特許については、これは深刻な問題となる。国際出願に際して考えるべき問題点を精査し、企業や大学が特許出願をする段階で将来の問題を封じておく必要がある。
 このような研究のため、関心ある企業などから成るコンソーシアムを組織したい。そのため、まずその事務局を務めていただける企業や団体を募集したい。
●研究者
教授 玉井 克哉
先端科学技術研究センター
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。