新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 2204   (公開日 2004年07月28日) (カテゴリ 環境・エネルギー土木・建築
余剰地下水を用いるヒートアイランド問題解消に向けての取り組み
●内容 近年、地下水位上昇に伴い、地下構造物の浮上対策に莫大な資金が使われるようになってきた。この地下水を、道路の舗装下部やビル壁面・屋根面等に通水することによって、散水より格段に利便性の高い熱交換による冬季の融雪や、真夏の都市のヒートアイランド問題の解消などに役立てることができれば一石二鳥である。そのために、適切な地下水位の把握・管理や水収支評価、排水処理法の開発等に取り組んでいる。この取り組みに興味を有する企業、自治体等との共同研究が可能である。
●研究者
教授 徳永 朋祥
大学院新領域創成科学研究科 環境システム学専攻
准教授 茂木 源人
大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。