新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 3036   (公開日 2005年11月14日) (カテゴリ 経済・経営・政策・法律社会・文化・教育
IT世代を見据えた地方都市再生
〜世代間意識基盤の不一致とその発現〜
●内容 インターネットの広汎な普及・そのブロードバンド化・ケータイ社会の出現など、社会的基盤、・特にコミュニケーション基盤の劇的な変化により、従来の尺度では測れない価値基準・意識基盤をもった世代がまもなく社会の推進力となる時代が到来する。このような世代が主体となり、かつ質・量ともにこれまでと比較にならない情報が飛び交うことによって、いまや社会のあり方において大変革の時期を迎えている。既に大都市への一極集中がゆるみ、周辺のいくつかの都市が若者の街として人を集め始めている現象はその現れと捉えることができる。このような社会状況につき、考察を進めている。このテーマに関する出版・講演・展示・講習(教育)などの要請に応じることができる。
●研究者
教授 北田 暁大
大学院情報学環 社会情報学コース
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。