新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 3039   (公開日 2005年10月05日) (カテゴリ 農林水産・食品環境・エネルギー大気・海洋
リモートセンシングによる浅海底のマッピング
●内容 浅い海域に分布する植物群落は高い生産性を持ち、我々に豊富な漁場を提供するとともに二酸化炭素固定等、環境維持においても大きな貢献を果たしている。持続的な社会を築くためには、これら浅海域の合理的かつ持続的な利用が重要であり、海底の状態を正確に把握することが求められている。
この研究室では、各種音響計測技術(魚群探知機、サイドスキャンソナー、マルチビームソナー等)や高解像度衛星画像の解析により、浅い海域の海底地形、泥質、海草群落の分布を測定する技術の開発を行っている。既にこれらの技術を用いて藻場の2次元、3次元マッピングを行う等の成果を挙げている。
これらの技術およびこの研究室がこれまでの研究で得た多くの知見を基に、藻の分布状況の調査や漁場の泥質調査等で課題を持つ企業、団体等に対しアドバイスが可能である。
●研究者
准教授 田中 潔
大気海洋研究所 国際沿岸海洋研究センター
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。