新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 3114   (公開日 2005年12月06日) (カテゴリ 情報・通信土木・建築社会・文化・教育
エリア型ミュージアムのためのナビゲーション・システムの開発
●内容 単体のミュージアム(博物館・美術館)の枠を超えて、都市空間をミュージアムに見立てる「エリア型ミュージアム」を構想することにより、都市に散在する様々なモノや情報を有機的に再結合して膨大なコンテンツを創出することが可能になる。
これは、閉じた「建物」から開かれた「場」へのミュージアム概念の転換を意味している。
エリア型ミュージアムを実現する布石として、今までにない斬新な都市のナビゲーション・システムを開発することが本研究の目標である。携帯電話などのモバイル機器に実装し、シンプルかつ奥の深い仕組みを導入することによって、人間に新しい知識や経験をもたらすナビゲーション・システムを構築していきたい。
将来的には社会に普及しうる実証的なプロジェクトに展開することを想定し、意欲的な企業の参画を期待している。
●研究者
特任教授 西野 嘉章
総合研究博物館
大学院情報学環 文化・人間情報学コース
特任教授 洪 恒夫
総合研究博物館
客員准教授 松本 文夫
総合研究博物館
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。