新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 3505   (公開日 2006年10月13日) (カテゴリ 環境・エネルギーエレクトロニクス
蓄電可能な新型太陽電池の開発
●内容 この研究室では、発電とともに蓄電も可能な太陽電池を開発した。これは、低コストでフレキシブルかつカラフルな次世代太陽電池として期待される色素増感型太陽電池の内部に二次電池構造を組み込んだもので、酸化チタンナノ粒子と有機色素を組合せた発電電極、導電性高分子による蓄電電極、電流を取出すための対抗電極の3電極により構成されている。光が強いときには発電しながら余った電気を蓄え、光強度が弱くなったときには蓄えた電力を使用できるものである。既に、この原理に基づく電池を試作し、蓄電が可能であることを確認している。図1は光を当てたときの発電・ファンの回転状況であり、図2は光をとめたときの蓄電によるファンの回転状況である。図1、2の試作品ではガラス基板上に発電電極を構成したものを用いたが、フィルム基板を用いることにより小型軽量かつフレキシブルにすることが可能である。今後、この電池の性能向上を図り、実用化を目指した研究を進める予定であり、企業との共同研究を希望している。
●研究者
教授 瀬川 浩司
大学院総合文化研究科 広域科学専攻
●画像


クリックで拡大

図1 光をあてたとき
(C) 瀬川 浩司

図2 光をとめたとき
(C) 瀬川 浩司
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。