新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 3622   (公開日 2006年12月05日) (カテゴリ 環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス
線形性に優れた耐熱性圧電素子の開発−高温で動作可能なヒステリシスのないニオブ酸リチウム(LiNbO3)圧電素子の開発−
●内容 現在、汎用されている圧電体であるチタン酸ジルコン酸鉛(PZT)は、優れた性質を有しているが、変位-電圧特性、使用温度範囲、さらには環境面などに問題がある。ニオブ酸リチウム(LiNbO3)の単結晶を使ったアクチュエーターは、その変位量が、印加電圧に対し線形性を有し、かつ高温でも動作することが期待される。結晶カット角を選択することにより変位の方向を任意に制御することができる。また、積層化することにより1マイクロメートルを上回る変位量も得ることが可能である。
このような環境に優しい非鉛系で、高温動作可能であり、変位量が得られ、かつ印加する電圧に対してリニアな変位量を示すLiNbO3圧電素子の実用化に向けて共同で開発することに関心を有する企業との共同研究を進めたい。
●研究者
准教授 森田 剛
大学院新領域創成科学研究科 人間環境学専攻
●画像


クリックで拡大

ヒステリシス・非線形性のない積層ニオブ酸リチウム単結晶アクチュエータのZ軸変位
通常のPZTセラミックでみられるヒステリシスや、非線形性が全くみられず、サブオングストロームの定量測定に応用が可能であると期待される。
(C) 森田剛

積層ニオブ酸リチウムアクチュエータを用いたXYZステージ(左)と試作したXステージ
圧電単結晶は、異方性を有し、カット角により厚み方向変位と剪断方向変位を選択することができ、XYZステージをそれぞれ独立に制御することができる。
(C) 森田剛
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。