新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 3675   (公開日 2007年01月04日) (カテゴリ 医学・薬学情報・通信社会・文化・教育
新しい視点による音声認識の応用
●内容 乳幼児は、文字より前に話し言葉を習得する。両親とのコミュニケーションを通して習得する。発達心理学では音声模倣と呼ばれるが、父の声色や母の声色を真似るのではない。あくまでも自身の声で言葉を話す。彼らはまだ聞こえた声を平仮名(音韻)に落とすことはできず、当然、個々の平仮名を声に変換することもできない。音の何を真似ているのだろうか?
この研究室では、音声を数学的に処理し、話者(男性女性・若年老人・感情移入など)による修飾を除いた、音声の骨格部分を取り出す方法を見出した。この骨格部分は、音声から音の情報を排除して残る、特有の「動き」であると考えられる。多くの音声サンプルからこの「動き」を抽出することによって、話者に依存しない真の意味での音声認識が可能となる。この解析手法を応用することにより、音声認識・感情同定・外国語発音矯正・障害者の発声訓練など、様々な応用が可能となる。さらに、脳科学や言語学などとの共同による新たな発展が期待される。このような新規な音声・言語・情報処理に関心を有する企業のコンタクトを待つ。

ちなみに,九官鳥は飼い主の声(音)そのものを真似て来る。市販されている全ての音声認識ソフトは、音と音を直接比較する枠組みで構築されている。即ち、九官鳥の音声模倣を指向した枠組みであると考えることができる。
●研究者
教授 峯松 信明
大学院工学系研究科 電気系工学専攻
●画像


クリックで拡大

九官鳥の音声模倣と幼児の音声模倣は何が違うのか?
(C) 峯松信明

話者/音響機器不変の音声の物理表象の数学的導出
(C) 峯松信明
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。