新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 3769   (公開日 2007年02月06日) (カテゴリ 環境・エネルギー機械エレクトロニクス
マイクロ波透過計によるプロセスプラズマの密度測定
●内容 プラズマの密度を測定する手段として静電プローブとマイクロ波干渉計がある。前者は簡便であるが測定プラズマを乱してしまうという欠点がある。後者は信頼性は高いが測定システムが複雑で空間的情報が得られないという欠点がある。マイクロ波透過計により簡単なシステムで局所的な密度情報を得られる可能性があるが、まだ、実際のプラズマで試験されていない。この手法はマイクロ波の透過率を周波数の関数として測定するもので、周波数可変の発振器と検出器から構成される。図は、プロセスプラズマへの適用の概念をしめしたものであり、プラズマへ入射されたマイクロ波は、基板で反射し、再びプラズマを透過して検出される。数値的、解析的な検討の結果、この手法は厚みが比較的薄く、長さ方向に一様なシート状のプラズマに対して有効であり、プロセスプラズマへの適用が期待される。共同研究では実際のプロセスプラズマにマイクロ波透過計を適用し、この手法の有効性を実証することを目的とする。
●研究者
准教授 江尻 晶
大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻
●画像


クリックで拡大

図1 マイクロ波透過計の概念図
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。