新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 3902   (公開日 2007年03月23日) (カテゴリ バイオテクノロジー医学・薬学
遺伝子発現制御メカニズム解明のためのプローブ開発
−短寿命高強度発光性の蛍光タンパク質の創成と評価−
●内容 この研究室では、ショウジョウバエの成虫肢形成系をモデルとして分化過程における遺伝子発現制御のメカニズム解明に取り組んでいる。多数の遺伝子が複雑に関与しており、組織細胞のレベルにおいて錯綜した遺伝子発現プロセスを解明する必要があるため、個別の遺伝子発現をリアルタイムに把握する必要があるが、従来の蛍光タンパク質は、発光強度及びターンオーバー速度の点からこの目的に適さない。本評価系を用いることにより、短寿命・高強度の蛍光タンパク質の評価が可能であるので、その創成に共に取り組む企業と共同研究を進めたい。
●研究者
准教授 小嶋 徹也
大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻
●画像


クリックで拡大

図1  3齢幼虫期の肢原基におけるホメオドメインタンパク質Bar(緑)とAristaless(紫)の発現パターン(前期)
3齢幼虫初期(図1)にはお互いの発現領域に重なり(白い所)が見られる。
(C) 小嶋徹也

図2  3齢幼虫期の肢原基におけるホメオドメインタンパク質Bar(緑)とAristaless(紫)の発現パターン(後期)
後期(図2)になると、それぞれを発現している細胞数が増加すると共に重なりは解消される。この様に遺伝子の発現領域は時々刻々と変化している。
(C) 小嶋徹也
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。