新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 4102   (公開日 2007年08月17日) (カテゴリ バイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械
熱レンズ顕微鏡による非発光性分子の高感度測定技術
●内容 マイクロ化学チップの中での化学反応は超微細空間の中を反応場として用いるため、試料や試薬量が非常に微量で済むメリットがあるが、一方試料の検出・測定という面から見るとデメリットともなり、高感度の検出技術が必要である。熱レンズ顕微鏡は、この目的のために、この研究室で独自に開発され、既に製品化されている。これは目的物質の光吸収後の無輻射遷移で熱が発生する現象を原理としており、一般に用いられている吸光法(レーザー誘起蛍光法:LIF法)とほとんど同じ適用領域をもち、感度に関しても吸光法に比べ3桁以上の高感度を実現している。目的物質を数十マイクロメートルの深さのマイクロチャネル内で高感度に検出でき、理想的な条件下では単一分子レベルの定量分析も可能である。このような課題を有する企業、団体などに対して測定の技術指導などを行うことが出来る。
●研究者
教授 北森 武彦
大学院工学系研究科 応用化学専攻
●画像


クリックで拡大

熱レンズ顕微鏡の原理
(C) 北森武彦

デスクトップ熱レンズ顕微鏡
(C) 北森武彦
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。