新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 4483   (公開日 2008年03月14日) (カテゴリ バイオテクノロジー医学・薬学情報・通信
生体分子の構造予測・機能解析とその応用
●内容 この研究室では、タンパク質の構造予測や相互作用予測、タンパク質の構造やダイナミクスに基づく機能解析をはじめ、遺伝子の発現情報の解析、遺伝子配列上の特定の機能を持つ領域の予測などに多くの成果をあげている。これらの計算を行うソフトウェアを独自に開発し、さらにその解析を高速に行うために必要な大規模並列計算のためのミドルウェアの開発も行っており、実用化されている。具体的には、.織鵐僖質間相互作用ネットワーク予測と相互作用部位予測、∧9臑離皀妊螢鵐亜淵疋奪ングシミュレーション)、ホモロジーモデリングとab initio法を統合した高精度のタンパク質構造予測法の開発、ぅ織鵐僖質のシグナル配列予測、ナ子シミュレーションを用いたタンパク質の機能解析および薬剤設計、β腟模分散データの効率的な共有を実現する並列コンピューティング環境の開発とその応用などのテーマで研究を行っている。これらは医薬、農学における様々な応用分野での利用が期待され、それらの開発に向けた具体的なニーズを持つ企業との共同研究を希望している。
●研究者
教授 清水 謙多郎
大学院農学生命科学研究科 応用生命工学専攻
大学院情報学環 総合分析情報学コース
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。