新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 4794   (公開日 2008年11月27日) (カテゴリ バイオテクノロジー環境・エネルギー機械
熱水噴出域固有生物の環境適応機構の解明と生息環境測定技術の開発
●内容 深海の熱水噴出域には、化学合成生物がつくる有機物に依存する生物群集が存在する。これらの生物が栄養を得るためには、熱水の近くに生息する必要があるが、熱水には硫化水素等の有害物質が高濃度に含まれている。
この研究室では、熱水噴出域固有生物が硫化水素等の有害物質をどのように無毒化しているのかを解明しようとしている。その際、1000m以深の生息現場の硫化物濃度や温度、pH等を測定する技術や、生物の行動を記録する技術が必要である。このような技術を開発できる企業や公的研究機関との連携を望んでいる。
●研究者
教授 井上 広滋
大気海洋研究所 海洋生命システム研究系
●画像


クリックで拡大

熱水噴出域で採集された二枚貝の一種(シチヨウシンカイヒバリガイ)の殻を開けたところ。黒く見える鰓にイオウ酸化細菌が共生している。
(C) 井上 広滋
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。