新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 4993   (公開日 2010年03月25日) (カテゴリ バイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品
長塩基長ノンコーディングRNAの機能解析
●内容 近年のゲノム科学の進展によって、蛋白質のアミノ酸情報をコードしないRNA(non-coding RNA)がゲノムDNAから大量に転写されていることが判明しており、例えば、ヒト全転写産物の90%以上がnon-coding RNAで占められると見積られている。これらの中でも、長塩基長non-coding RNA(数千塩基)の存在も多数発見されているが、それらの機能は不明である。
この研究室では、長塩基長non-coding RNAの機能、局在制御および分解制御を解析している。その中で、新しいノンコーディングRNA(あるいは、機能性RNA)を発見するためのツールとして、トランスクリプトーム解析のデータセットから収集したノンコーディングRNA候補転写産物コレクションを構築している。また、発見したノンコーディングRNAの生体内での機能を解析するため、RNAと結合する蛋白質を検索する手法を開発している。
これらのnon-coding RNA、及び蛋白質複合体は、発生、増殖、老化、癌化、アポトーシス等の細胞機能の発現と制御に関与しており、新たな視点で医薬や食品の機能解析や探索の研究に役立つことが出来ると考えられる。
この研究に関して興味を有する企業・団体との共同研究が可能である。
●研究者
教授 秋光 信佳
アイソトープ総合センター
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。