新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5044   (公開日 2009年08月25日) (カテゴリ 環境・エネルギー
住民の環境配慮型行動規定因の解析と行動促進ツールの開発
●内容 二酸化炭素の削減やごみ減量化、公共交通の利用といった、家庭での環境配慮型行動促進が求められている。各地方自治体ではエコポイントや見える化などの取り組みによって、住民の行動変容を促そうとしているが、実効性や継続性を伴わないケースが多い。本研究室では、住民が環境配慮型行動を行うには、どのような心理的因子が規定因となっているのかを明らかにする研究を行っている。オンラインアンケート及び共分散構造解析などの統計解析により、モデル化を行い、さらには実際の住民を対象とした教育プログラムの実施により、効果を検証する試みを実施している。また、各行動に伴う二酸化炭素削減量の解析も同時に行っている。
現在、特に必要と感じているのは、実際に行動変容を可能にする仕組み作りである。特に、住民が楽しみながら自然に行動を変容させるきっかけづくりとして、既往のゲームや携帯、おもちゃといったデバイスを利用できないかと考えている。そのような仕組み、デバイス作りに興味のある企業との共同研究を行う用意がある。
●研究者
准教授 栗栖 聖
大学院工学系研究科 都市工学専攻
●画像


クリックで拡大

環境配慮型行動に関わる研究とデバイス開発の概念図
(C) 栗栖(長谷川) 聖
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。