新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5173   (公開日 2009年12月01日) (カテゴリ 社会・文化・教育
日本の幕末維新史に関するコンサルティング
●内容 日本の幕末維新期を中心とする軍事史、戦争史、社会史等の研究並びに国内外から史料収集を行っており、当史料編纂所には多数の貴重な文献資料が分類保存されている。また、本テーマに関する所内外の研究者との交流も行っているので、それらを活かしてこのテーマに関する企業や地方自治体の各種催しについて、コンサルティング(企画、資料提供等)等が可能である。最近は、19世紀までの銃砲の研究にも取り組んでいる。
●研究者
教授 保谷 徹
史料編纂所 附属画像史料解析センター
史料編纂所 近世史料部門
●画像


クリックで拡大

軍事革命を遂げた新政府軍の武力倒幕は、戦争をどう変えたのか。鳥羽・伏見の戦いから箱館戦争までを巡り、戦争遂行のために動員されたヒト・モノ・カネの実態に迫る。戊辰戦争を軍事史的な観点から解明した初めての書。
(C) 保谷 徹

古代から現代まで、戦争のあり方や戦争をささえたシステムを明らかにする通史。戦争遂行のための人と物の調達をキーワードに軍事に関する制度と軍隊と社会の関係を多くの写真や絵画とともにビジュアルに描く。
(C) 保谷 徹
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。