新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5255   (公開日 2010年01月21日) (カテゴリ 環境・エネルギー経済・経営・政策・法律社会・文化・教育
サステイナビリティ・イノベーションの創出に向けた企業戦略・公共政策・制度設計
●内容 エネルギー・水・食料資源に関わる長期的な制約から、地球規模でのサステイナビリティに関する懸念が世界的に強まっている。科学技術、経営、政策、制度が相互に絡み合う問題に対しては、各個人・組織が単独で対処していくことが極めて困難であり、ネットワークを通じてそれぞれが共創的に取り組むことにより、社会レベルでのイノベーションを創出していく必要がある。
この研究室では、自然・人間・社会システムの間の複雑でダイナミックな相互作用の性質・特徴に関する議論を踏まえて、そのメカニズムやプロセスを分析するための新たな概念・方法論の開発を進めている。特に、知識の循環システムという観点からサステイナビリティに向けたイノベーションを捉え、様々なアクターが多様な知識の生産・伝達・活用に関わるプロセスを詳細に分析している。知識循環システムにおける不整合性が、イノベーションを創出する上で大きな問題となる可能性がある。太陽電池や水処理膜技術などの技術領域や、化学・素材・自動車産業などのセクターを対象として、自然科学、工学、社会科学を含む学融合的なアプローチを用いて科学技術、環境影響、金融などに関わる知識の循環システムを分析することで、サステイナビリティ・イノベーションに関する一般的なモデルの構築を行い、具体的な企業戦略・公共政策・制度設計に関する研究を行なっている。
本研究に興味ある企業や団体との共同研究やコンサルティングを行う用意がある。

鎗目研究室HP
http://yarime.net/
●研究者
特任准教授 鎗目 雅
大学院公共政策学連携研究部
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。