新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5269   (公開日 2010年01月26日) (カテゴリ 環境・エネルギー素材
遷移金属表面における水素化・脱水素化反応の研究
●内容 シクロヘキサン、トルエンなど環状飽和炭化水素は、水素の液体キャリアーとして提案されている。水素分子を取り出すためには、脱水素化反応を促進する触媒の開発が欠かせない。この研究では、Pt, Rh, Pdをはじめとする遷移金属と環状飽和炭化水素との相互作用を、各種の表面分光、質量分析を駆使して基礎的に明らかにすることを目的とする。
この研究に興味のある企業との連携を希望する。
●研究者
教授 吉信 淳
物性研究所 ナノスケール物性研究部門
●画像


クリックで拡大

Rh(111)表面と相互作用するシクロヘキサンのモデル図
(C) 吉信淳

Rh(111)表面に吸着したシクロヘキサンのCH伸縮振動領域の赤外スペクトル
(C) 吉信淳
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。