新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5581   (公開日 2010年09月16日) (カテゴリ 機械情報・通信
レーザスキャナによる計測データ処理プラットフォームの開発と応用
●内容 製造業における部品の工作精度の評価には、形状計測が可能な非接触3次元計測機であるレーザスキャナの利用が考えられる。レーザスキャナは近年目覚しく性能が向上しており、短時間で測定対象物を高密度に計測することが可能となった。高密度の計測データ(点群データ)からは連続曲面を緻密に再現することも可能である。 一方で、点群データの汎用のビューワ、エディタは充実しつつあるが、個別の工程に特化してエンジニアリングの観点から有用な情報を効率的に取り出すことは依然困難である。本提案では、独自に開発したカスタマイズ可能な点群処理プラットフォームを用いて、特定用途へのレーザスキャナ導入のための情報システムの開発に関心を有する企業・団体等からのコンタクトを希望する。
●研究者
准教授 稗方 和夫
大学院新領域創成科学研究科 人間環境学専攻
●画像


クリックで拡大

船舶曲がり外板の解析例
曲面部材の設計データと計測データの比較
(C) 稗方和夫

点群処理プラットフォーム
個別用途に用いる処理系を実装するための基盤システム
(C) 稗方和夫
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。