新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5602   (公開日 2010年10月06日) (カテゴリ 環境・エネルギー
天然の浄化作用を利用した小規模酸性河川や抗廃水の浄化に係わる研究
●内容 かつてわが国は有数の鉱山国として知られており、廃鉱山から流出し続ける坑廃水による水質汚濁が各地で環境問題を引き起こしている。それらの多くは責任の所在が不明確であり、何の対策もとられずに放置されている例も少なくない。こうした問題に直面しながらも予算の関係や地元産業への風評被害を恐れるあまり、調査も対策も為し得ずにいる地域が全国には数多く存在する。
本研究室では、浅層地下水や表流水の野外調査を通して、このような酸性河川や抗廃水問題への解決の糸口を探ってきた。例えば、ある山村では蛍(ほたる)の飛翔域が極端に偏在していた。この地域の渓流は清涼であり、通常の水質調査では特に問題は見出されなかった。しかし、河川底質や周辺土壌を含めた調査をしたところ、高濃度の重金属が検出され、上流域には地元の人々にも忘れ去られた廃鉱山が存在した。調査を進めるうちに蛍飛翔域と坑廃水との関係や、当該地域における天然の河川浄化機構を明らかにすることができた。また、この天然の浄化機構を応用した重金属の除去システムを構築することで、坑廃水中の溶存重金属類のうち80〜100%を除去し得ることが判明した。
本研究室では,このような天然の浄化作用を応用した周辺環境と調和した安価な水質浄化法の開発に向けた基礎研究を実施している。こうした知見を元に酸性水や鉱山排水、あるいは埋立処分場からの含重金属流出水などに係わる水環境問題に悩む自治体や団体との共同研究を希望する。
●研究者
准教授 穴澤 活郎
大学院新領域創成科学研究科 自然環境学専攻
●画像


クリックで拡大

偏在する蛍(ほたる)の飛翔域
ある山村の河川流路と蛍(ほたる)の飛翔域。蛍の飛翔が観察できる地域には明瞭な偏りがある。
(C) 穴澤活郎

鉱山廃水の調査
酸性廃水の採水と分析を実施。安価で簡便な対策法の提案につながった。
(C) 穴澤活郎
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。