新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5638   (公開日 2010年10月15日) (カテゴリ 環境・エネルギー素材経済・経営・政策・法律
持続可能な資源供給を見据えたカントリーリスク他関連情報の共有
●内容 昨今のレアメタル(特にレアアース)等について起こっている事態をみるまでもなく、これまでになく資源の安定供給は難しい局面を迎えている。その一つの大きな理由は、我々が利用する資源の種類が多様化し、またその消費量が必ずしも大きくないことにもある。そのため、我々はこうした微量ながら社会にとって必須な資源を安定的に確保するために、これを供給する側の情報を必要としている。
研究者(村上)は、資源経済学をバックグラウンドに持ち、現在はより大きな意味での持続可能な社会形成のための研究を行っているところであるが、大学がハブになることで、こうした情報を産官学の間で共有し、我が国の産業にとって必須である資源の安定供給に資することを考えている。また研究としては、こうした情報に基づき、持続可能指標の構築等へ取り組む。
●研究者
准教授 村上 進亮
大学院工学系研究科 システム創成学専攻
●画像


クリックで拡大

資源別寡占度の指標化
リスク指標の一つとして市場寡占度が良く用いられる。良く見るものは、国別の寡占度(左)であるが、実際には企業別(右)でまとめてみると結果は変わってくる。
(C) 村上研究室

重み付けカントリーリスク指標の比較
カントリーリスク指標を重み付けする際に、全世界での生産量(左)と対日輸出量(右)を用いると、例えばコバルトのように、全世界でのリスクより我が国のリスクが若干低下するものもある。
(C) 村上研究室
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。