新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5680   (公開日 2011年03月22日) (カテゴリ バイオテクノロジー医学・薬学
RNAの構造、相互作用の予測技術
●内容 この研究室では、RNA塩基配列からの高精度の2次構造予測、類似の2次構造をもつRNA分子の比較解析、2次構造的なエネルギーを考慮したRNA分子間の相互作用の予測などのアルゴリズム、ソフトウェアを多数開発して発表している。RNA干渉やマイクロRNAの発見以降、非コードRNAと細胞分化との関係、核酸医薬に注目が集まっている。ncRNAの標的分子の同定や、siRNA・アプタマーの設計では、RNA分子の塩基配列だけでなく、RNA分子の2次構造を考慮した情報解析が不可欠である。開発したソフトウェアの多くはウェブ公開しているが、RNA配列情報解析技術を生かした個別の共同研究やコンサルティングを行う用意がある。
●研究者
教授 浅井 潔
大学院新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻
●画像


クリックで拡大

RNAの構造アラインメントの一例
2次構造を考慮してRNA塩基配列(図中のA、U、G、C)を整列(アラインメント)すると、その共通2次構造が明らかになる。
(C) 浅井潔
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。