新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5750   (公開日 2010年12月22日) (カテゴリ 医学・薬学
遺伝子多型情報を基にした個別化医療、ゲノム創薬を目指した研究
●内容 数十万箇所の遺伝子多型情報に基づいたゲノムワイド関連解析によって病気のなりやすさや身長・体重などの身体的特徴に関わる遺伝子等が多数明らかとなっている。今後はこれらの知見を基に病気の予防や治療に向けた取り組みが進んでいくと考えられるが、実際に当研究室で最近同定した血液生化学検査値などに関わる遺伝子群には、治療薬として既に臨床応用されている分子が複数含まれている。これらの知見を基に、創薬や疾患予防に向けた取り組みを積極的に支援したいと考えている。現在大腸癌、食道癌、ウイルス性肝炎・肝癌、自己免疫疾患等と関連する遺伝子を同定しており、これらの疾患に対するリスク予測が可能である。またコレステロール、尿酸値、白血球数、赤血球数、身長、血圧などと関連する遺伝子を同定しており、これらの形質と標的とした薬剤の開発にむけた共同研究を希望する。
●研究者
教授 松田 浩一
大学院新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻
●画像


クリックで拡大

ゲノムワイド関連解析による白血球数と関連する遺伝子の探索
(C) 松田浩一
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。