新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5759   (公開日 2010年12月21日) (カテゴリ 経済・経営・政策・法律社会・文化・教育
ベトナムにおける企業活動の紛争処理などについてのコンサルティング
●内容 近年、中国に替わるアジアの生産拠点であり、統合が進む有望な市場として、ベトナムへ注目が集まり、工場設立や投資を行う日本企業が増えている。また、インフラ整備のための、大型の官民連携プロジェクトに参加を検討している日本企業も多い。しかし、同国では、市場経済に必要な様々な制度が整備途上にある。
特に、ビジネスに関する紛争を適切に処理するシステムが十分でないために、汚職が蔓延する実態もある。この研究室では、同国の透明な紛争解決システムの整備などに協力しており、ベトナムの仲裁センターの仲裁人候補者として同国の紛争処理(仲裁)の事情などに通暁している(2011年1月に発効予定の商事仲裁法の起草でコメントなどをしてきている)ため、現地における経済活動にともなって直面する様々な問題について、適切なアドバイスをすることができる。このようなニーズを有する企業に対してコンサルティングの用意がある。
●研究者
教授 佐藤 安信
大学院総合文化研究科 地域文化研究専攻
●画像


クリックで拡大

図1 ベトナム司法省の仲裁担当部局を訪問
(C) 佐藤 安信

図2 ベトナム国際仲裁センター(Vietnam International Arbitration Center -VIAC)を訪問
(C) 佐藤 安信
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。