新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5908   (公開日 2011年07月20日) (カテゴリ バイオテクノロジー農林水産・食品
青果物の鮮度保持期間の予測に関する研究
●内容 この研究室では青果物の選別、貯蔵、調整、加工、包装、輸送等におけるさまざまな操作に関連したポストハーベストテクノロジーの研究を行なっている。特に食品の廃棄率を低減させるための鮮度及び品質保持の研究を行なっている。青果物の腐敗の進行度合は個体の呼吸・代謝反応の速度に依存しており、呼吸速度は個体中の呼吸酵素による特定波長の近赤外線光の吸収率に比例する。青果物の近赤外線光吸収を非破壊で計測することで鮮度の保持期間の予測が可能となる。これにより青果物の鮮度保持期間に合わせた、適切な出荷時期の調整を行うことで、青果物の廃棄率を減少させることができる。

参考文献
Makino Y., Ichimura M., Oshita S., Kawagoe Y., Yamanaka H., Estimation of oxygen uptake rate of tomato (Lycopersicon esculentum Mill.) fruits by artificial neural networks modelled using near-infrared spectral absorbance and fruit mass. Food Chemistry, 121(2), 533-539 (2010)
Makino Y., Ichimura M., Kawagoe Y., Oshita S., Cytochrome c oxidase as a cause of variation in oxygen uptake rates among vegetables. Journal of the American Society for Horticultural Science, 132 (2), 239-245 (2007)
牧野義雄,人工光源の農林水産分野への応用(後藤英司編),第4章 人工光の応用,2 収穫物の品質評価,農業電化協会,東京,p.161-165 (2010)
●研究者
准教授 牧野 義雄
大学院農学生命科学研究科 生物・環境工学専攻
●画像


クリックで拡大

図1 近赤外分光分析を利用した野菜中呼吸酵素の非破壊計測
(C) 牧野義雄

図2 近赤外分光分析とニューラルネットワークを併用したトマト果実呼吸速度の非破壊推定
(C) 牧野義雄
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。