新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5914   (公開日 2011年08月05日) (カテゴリ 機械情報・通信エレクトロニクス
超準解析によるサイバーフィジカルシステムの品質保証方法の提案
●内容 ハイブリッドシステムとは、そのシステム内にコンピュータが処理するデジタル部分と、センサーからの連続値データを取り扱うアナログ部分が複合的に組み合わされたシステムを指し、サイバーフィジカルシステムの重要な構成要素である。このようなシステムの代表例としては自動車、航空機などがあるが、これらはいずれも極めて高い安全性を要求されるものである。これまではSimulinkなどのシミュレーションツールを用いた逐次テストで、その制御ソフトウェアの品質保証がなされてきたが、すべての事象が網羅できているわけでなく、安全性の完全な担保が得られているとは言い難かった。
 本研究は、急速に進展を見せているデジタルシステムに関する形式的検証技術を、超準解析と呼ばれる数学的手法によって、アナログ値を含むハイブリッドシステム・サイバーフィジカルシステムにも適用できるようにすることを狙いとしている。本研究に関心をもち、形式的検証を必要とするシステムを有する企業との共同研究の用意がある。
●研究者
准教授 蓮尾 一郎
大学院情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻
●画像


クリックで拡大

無限小量による、離散からハイブリッドへの移転
(C) 蓮尾 一郎
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。