新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 5923   (公開日 2011年10月04日) (カテゴリ バイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品
高発現型BEVSを用いた新規VLPワクチン製造法の開発
●内容 バキュロウイルスを用いた外来遺伝子発現システム(Baculovirus Expression Vector System: BEVS)は、ポリへドリン遺伝子のかわりに有用遺伝子を挿入した組換えウイルスを作成し、昆虫細胞、あるいはカイコ幼虫に感染させることで、昆虫細胞内で外来遺伝子産物を発現させる方法である。この方法は、哺乳類由来のタンパク質発現に適しており、他の発現系で発現しない、あるいは活性が無い場合でもクリアできることが多い。また、産業的にもイヌやネコ用のインターフェロン(獣医薬)の生産が行われている。最近では、BEVSを用いたウイルス粒子様構造体(Virus-Like Particle: VLP)ワクチンの製造が世界の注目を集めており、現存のものより高発現かつ安定なシステムを開発する必要があると考えられる。しかしながら、現時点では、ポリへドリンプロモーターの活性化やポリへドリンの選択的翻訳メカニズムというBEVSの根幹原理すらほとんどわかっておらず、そのため革新的な改良が不可能な状態である。これは、ひとえに、「バキュロウイルスがどのように宿主のタンパク質合成マシナリーを支配し制御しているか」が未解明であるからである。研究室では、このポイントに着目した基礎研究を行い、新規高発現型BEVSを開発している。実際の獣医薬や医薬品(VLPワクチン含む)の製造にBEVSの利用を指向する企業との共同研究を希望する。
●研究者
准教授 勝間 進
大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻
●画像


クリックで拡大

高発現型BEVSを用いた新規ワクチン製造法の開発
バキュロウイルスの宿主細胞タンパク質発現マシナリー制御メカニズムを解明し、その知見を利用して高発現型BEVSを開発する。
(C) 勝間 進
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。