新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6160   (公開日 2012年06月12日) (カテゴリ 素材社会・文化・教育
地球外物質中の新素材探索
●内容   隕石をはじめとした地球外物質には、約45.6億年前に形成された後にほとんど変化を受けていないものが多く存在し、太陽系の誕生と変遷を研究する上で極めて重要な試料となっている。実は、地球外物質は、このような科学的興味を有すると同時に、新素材探索と言う意味でも興味深い試料である。これは、地球外試料が地球表面とは大きく異なった環境下で形成されていることによるもので、実際に、地球上では見つかっていない鉱物種が数多く発見されている。我々のグループでは、地球外試料の鉱物結晶学的分析の過程で、これまでにいくつかの新鉱物を発見しており、地球外物質の形成条件に多くの制約を与えてきた。また、地球外物質の中には、金属鉄が普遍的に含まれているが、鉄が多くの化合物を形成しており、その形成プロセスには「宇宙の溶鉱炉」と呼べるようなものも存在する。このような観点で地球外物質を分析して行くことで、理学と産学の融合を図り、相互にメリットのある研究を今後展開して行きたいと考えている。
●研究者
准教授 三河内 岳
大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻
●画像


クリックで拡大

Andreyivanoviteの走査型電子顕微鏡写真(後方散乱電子像)とその結晶構造

隕石中に発見したFeとCrのリン化物の新鉱物(矢印先)で、大きさはわずか2 μmほどだが、走査型電子顕微鏡に付属した電子線後方散乱回折分析装置により結晶構造を同定した。右は、その結晶構造。
(C) 三河内 岳
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。