新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6186   (公開日 2012年06月18日) (カテゴリ 経済・経営・政策・法律社会・文化・教育
イスラーム教シーア派に関する研究・情報提供
●内容 シーア派は、イランとイラクだけでなく、レバノン、アゼルバイジャン、湾岸諸国、アフガニスタン、パキスタン、インドなどにも広く分布しており、現在のイスラーム教徒の動向を理解する上で一つの重要なキーとなっている。また、少数派の代表格であるシーア派を知ることは、それと対峙してきた多数派スンナ派、ひいてはイスラーム教という宗教全体を理解することにもつながる。
シーア派理解へのアプローチにはさまざまなものが考えられるが、特にその教義・思想・歴史といったシーア派信徒の宗教的アイデンティティの根幹に関わる側面に関し、共同研究による理解の深化、講演会などを通じた知識の普及、あるいは個別の情報提供などに関心をもつ企業・自治体などがあれば協力したい。なかでも、イランの宗教的な中心であるクム市を中心に活動する学究的なタイプの(政治的ではないタイプの)聖職者たちを招いた意見交換会・交流会などの企画は大歓迎である。
●研究者
准教授 森本 一夫
東洋文化研究所 西アジア研究部門
●画像


クリックで拡大

宗教都市クム(イラン)の核をなすハズラテ・マアスーメの聖廟(2011年12月)
(C) 森本一夫

クム市で行った講演のあとの記念撮影
(C) 森本一夫
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。