新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6192   (公開日 2012年05月24日) (カテゴリ 環境・エネルギー機械情報・通信経済・経営・政策・法律土木・建築
駐車場と駐車行動を高度化するITS技術開発
●内容   「駐車」は自動車の走行に伴って必ず発生する行為であり、ITSにおいても走行時と同じくらいの重要性をもつべきものであるが、他の走行支援システムと比較するとITSサービスが十分に実用化されているとはいえない状況にある。したがって、駐車場および駐車行動を対象としたITS技術開発は今後大きな発展の可能性がある分野であり、これを高度化することは自動車交通、さらには他の交通機関との連携も含めた包括的な交通システムの確立に大きく役立つと考えられ、新たなビジネス創出も期待できる。
  この研究グループでは、商業施設や公共の駐車場の設計や誘導計画、駐車場予約・駐車場内の運転支援のようなドライバーにとってより実用的なサービス、パーク&ライド・カーシェアリング等のビジネスへの展開、次世代自動車・自動駐車等に対応する次世代の駐車場の研究・技術開発といった幅広い視点から実現可能性を検討する研究会を開催しており、この研究会への参加あるいは個別テーマの共同開発を希望する企業を募集している。

■研究会案内
※詳細は,下記のWEBサイトから当該年度の特別研究会一覧のRC-66をご覧ください

http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/shourei/ResearchCommitte/rc-index.html

●研究者
教授 大口 敬
生産技術研究所 附属次世代モビリティ研究センター
●画像


クリックで拡大

駐車場ITS技術開発マップ
(C) 田中伸治

サービスイメージ
(C) 田中伸治
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。