新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6289   (公開日 2012年08月17日) (カテゴリ バイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学
自然科学、自然現象のより深い理解のために … “測る”を究めろ !
●内容 自然科学の原点は、まず現象を素朴に眺めるところにある。しかし、電気仕掛けの測定機器が高度に発達した現在では、コンピューターなどの画面上で現象を見たつもり・・・・・になっている場合も多い。しかも、実験的研究に取り組み始めて間もない者にとって高度な測定機器は、えてしてブラックボックスと化すため、測定原理も分からずに単にスイッチを機械的に押すだけという研究者のロボット化を招き、ひいては現象からも「疎外」される。
このような事態を多少なりとも回避できるのではないかと、今回、『“測る”を究めろ ! ー 物理学実験攻略法』を出版した。大学の教養課程で行われる基礎物理学実験の副読本を念頭に、実験することの意義や楽しさを知ってもらおうと著したものだが、大学院や企業で本格的に研究を始める方々にとっても、実験の基礎をもう一度固め、自分の立ち位置を再確認する上で有用な情報が盛り込まれている。
研究室では、「物理学温故知新」という、古い時代の実験を現在の技術で再現することで新たな知見を得て、世の中に役立てようといった活動を続けている。今回の出版もその一環であり、自然科学・現象をより深く理解するための基本として、物理学関係者にとどまらず、広く自然科学に関わる人たち、そしてさらに広く、統計をもとに社会活動を行う人たちにも、その内容を知ってもらいたいと考えている。

●研究者
教授 久我 隆弘
大学院総合文化研究科 広域科学専攻
●画像


クリックで拡大

久我隆弘『「“測る”を究めろ! ー物理学実験攻略法』(丸善出版、2012年)
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。