新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6322   (公開日 2012年10月17日) (カテゴリ 医学・薬学社会・文化・教育
学校や職場でのメンタルヘルス・コンサルテーション
●内容 この研究者は、精神科医および臨床心理士として、研究と臨床に長年従事してきた。その対象年齢は青年から高齢者までであり、アイデンティティ確立の問題からうつ病や認知症などの精神障害まで幅広い。特に重視してきたのは統合失調症への支援である。現在は、ドイツ・ハンブルク大学のモリッツ教授と共同して統合失調症のメタ認知トレーニング(MCT)日本語版を開発、日本各地でワークショップを開いている。また、小中学校の養護教諭と協力し、学校教育現場で生ずる複雑な問題の解決支援も行ってきた。
このようなノウハウを生かし、カウンセリングの進め方についてのコンサルテーション(専門家への助言・支援)が可能である。
●研究者
教授 石垣 琢麿
大学院総合文化研究科 附属学生相談所
●画像


クリックで拡大

臨床活動と背景理論との関係。
(C) 石垣 琢麿

臨床心理士認定協会による心理臨床における4つの活動
(C) 石垣 琢麿
(参考)氏原 寛・亀口憲治・成田善弘・東山紘久・山中康裕編(2004)「心理臨床大事典改訂版」培風館
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。