新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6324   (公開日 2012年09月24日) (カテゴリ バイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品社会・文化・教育
乳酸研究会への参加案内
●内容 乳酸の測定が比較的簡単にできるようになり、乳酸に関心を持っている人、実際に測定している人が増えている。しかし血中乳酸濃度は何を示しているかとか、血中乳酸濃度をどう活かしたらよいかといった疑問を持っている人も多いと思われる。乳酸は疲労物質ではなく糖代謝の調節因子であること、また乳酸は疲労の原因というより結果と考えて、選手の測定に応用するのは有効なことが明らかになってきた。 そこで乳酸の「基礎的な理解と応用」を目指して、乳酸研究会を発足させ、第1回の研究会を平成17年に開催して以来、毎年2月から3月に開催している。この研究会に興味ある企業・団体・学生・個人等の参加や、企業等の協賛を期待する。
●研究者
教授 八田 秀雄
大学院総合文化研究科 広域科学専攻
●画像


クリックで拡大

第1回乳酸研究会の様子
(C) 八田秀雄
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。