新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6337   (公開日 2013年02月05日) (カテゴリ 経済・経営・政策・法律社会・文化・教育
中国の法制度に関する基礎法学的コンサルティング
●内容 中国は、すでに規模の上では世界第二の経済大国となり、また、基本的な法律も整備された。日本を含む外国の法律事務所においても中国法についての情報を有するところが多くなり、また、中国の法律事務所においても外国企業のニーズを理解するところが多くなりつつある。しかしながら、いまだ外国側にとって扱いやすい領域とはなっていない。これには、歴史的・文化的・政治的要因に由来するところが大きい。この研究室では長年中国法を基礎法学的見地から研究しており、通常の法的分析による理解を超えているように見える中国法の現実についてコンサルティングを行うことが可能である。
●研究者
教授 高見澤 磨
東洋文化研究所 東アジア第一研究部門
●画像


クリックで拡大

木間正道・鈴木賢・高見澤磨・宇田川幸則『現代中国法入門』(第6版)(有斐閣・外国法入門双書、2012年)
中国法概説書として第6版となった。第5版出版後に制定された不法行為責任法、渉外民事法律適用法、社会保険法や重要な改正のあった選挙法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法などに対応。
(C) 高見澤ほか上記3名
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。