新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6454   (公開日 2013年02月18日) (カテゴリ 社会・文化・教育
上座部仏教にかんする研究・情報提供
●内容   今日、スリランカと東南アジア大陸部(ミャンマー、タイ、ラオス、カンボジア)に広がる仏教は、「上座部仏教」と呼ばれる仏教であり、東アジアやチベットへ広がる大乗仏教とは大きく異なっている。上座部仏教は古代インド語の一つであるパーリ語によって経典を伝承してきたため、パーリ語は、聖なる言葉として、これらの地域の言語に絶大な影響を与えてきた。スリランカや東南アジア大陸部の文化を知る上で、上座部仏教は決して無視することのできない存在なのである。
  スリランカや東南アジア大陸部に伝わる大量のパーリ語文献を調査することによって、古代インドで仏教が生まれて後、スリランカにおける「上座部」という一派が成立する過程をこれまで研究してきた。その一環として、スリランカ、タイ、ラオス、カンボジアへの調査経験がある。実証的な文献研究に基づきつつも、単なる文献研究に済ますのではなく、バラモン教や大乗仏教との比較による大局的な理論構築を目指している。
  これらの研究活動に基づき、多くの写真を用いた、古代インド仏教や上座部仏教に関する講演が可能である。仏教または南アジアや東南アジアの宗教に関心のある方々への正確な、そして分かりやすい説明を心がけている。
●研究者
准教授 馬場 紀寿
東洋文化研究所 南アジア研究部門
●画像


クリックで拡大

ミヒンタレーの仏塔
スリランカの聖地
(C) 馬場 紀寿

『上座部仏教の思想形成』
(春秋社 2008)
(C) 馬場 紀寿
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。