新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6495   (公開日 2013年08月13日) (カテゴリ 社会・文化・教育
メンタルヘルス不調者のキャリア支援
●内容   この研究者は、臨床心理学をベースに、社会システムにおける臨床心理支援の在り方について研究を行ってきた。また、研究だけでなく、実践においても、病院における精神疾患患者のほかにも、企業内のカウンセリング、離転職者のための再就職支援など働く人のメンタルヘルス支援に多く関わってきた。
    昨今では、企業内でもメンタルヘルス施策は行われているが、それでも不調者はなかなか減らないという実態がある。これに対して、メンタルヘルス不調者自身のためにも、企業のためにも、メンタルヘルス不調者の効果的な働き方を模索する必要があると思われる。
  企業にとっても貴重な人材をいかにしてもう一度活用するためには、まずは従業員および周囲の関係者がその人の現状を多面的に理解する必要があるであろう。その上で、いかに現場にマッチした形で徐々に職場に適応するか、あるいは社内にそういった場を見いだせるかが重要となる。
  そのための調査・分析や、これらの問題に関しての講演、ワークショップ、心理相談、コンサルテーション等で、企業の人事部門への協力が可能である。具体的進め方についてはケース毎に相談し決定したい。
●研究者
教授 高橋 美保
大学院教育学研究科 総合教育科学専攻
●画像


クリックで拡大

頭、体、心の不一致
(C) 高橋美保

回復のモデル−直線から円環へ
(C) 高橋美保
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。