新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6548   (公開日 2013年07月08日) (カテゴリ 社会・文化・教育
劇場、公共ホールおよび公民館等を拠点にした舞台芸術および市民活動のアーカイブ化とその活用
●内容 資料を有し、資料を活動の基盤にすえる点で共通する図書館、博物館、文書館の連携可能性が、近年「MLA」という枠組みで論じられている。一方、資料をもたない活動を基盤とする劇場や公共ホール、公民館なども、活動の蓄積により地域の歴史を刻む拠点となりうるはずなのに、資料の蓄積が重視されることはあまりないのが実態である。いいかえれば、アーカイブの思想が、資料を有する他の上記施設に比べて貧困であるという課題を有する。そうしたなかで、今後はこれらの施設において、アーカイブ活動をその機能の一つとして位置づけていくことが求められている。
 構築されるアーカイブは、調査研究に資するのみならず、アーカイブを活用した展示空間やカフェの設置といった方策により、歴史的文化的資源の多様な活用も可能にするだろう。さらには、地域のなかで、あるいは国内外のホールをむすぶ知的ネットワークの拠点にもなりうる。
 現在国内外いくつかの施設に先行事例を学んでいるところであるが、こうしたアーカイブ活動に関心をもつ施設や自治体、企業等があれば、ぜひ協力して「人の活動のアーカイブ」という新しい領域を開拓していきたい。
●研究者
准教授 新藤 浩伸
大学院教育学研究科 総合教育科学専攻
●画像


クリックで拡大

米カーネギーホール ローズミュージアム
1891年から続く劇場の資料をアーカイブ化し、ホールロビーに隣接する空間に展示公開している。ここから音楽史、アメリカの文化史・社会史を伺うことができるだけでなく、楽しく思い出を語りながら幕間を過ごすことができる。
(C) 新藤浩伸

西東京市芝久保公民館30年のあゆみ
公民館職員や市民の熱意により保管してきた資料によって作られた年史。アーカイブそのものだけでなく、アーカイブ化のプロセスに多様な当事者が関わり学んでいくプロセスもまた重要である。
(C) 新藤浩伸

利用者にひらかれたアーカイブの例
(C) 新藤浩伸
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。