新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6552   (公開日 2013年08月26日) (カテゴリ 情報・通信社会・文化・教育
現代中国語の教育システム・教材の開発
●内容  国交回復から40周年を迎え、我が国と中国との間の学術的な交流、ならびに国内における中国語教育と研究は、急ピッチで発展を遂げて来た。殊に近年は中国の経済発展にともない、中国語学習者の層、および教育方法の多様化も進んでいる。現在すでに「英語に次ぐ」外国語の地位を築いたとも言える中国語の教育は、今後学習者のニーズに沿ってますます改善され、実情に見合った種々のシステムと教材が求められるであろう。
 本研究室では、『現代漢語基礎』『基礎漢語』(以上は東京大学教養学部における初修中国語共通テキスト)をはじめ、『表現する中国語』『身につく中国語』『実力のつく中国語』『中国語のアプローチ』『北京の風』など、初級・中級の多くのテキストを開発・作成してきた。また、楊・小野はともに、NHKラジオ中国語講座の講師も勤めており、大学での教育のみならず、広く一般の学習者に向けた中国語教育についても強い関心を持って従事している。
 以上のような現状に鑑み、現代中国語の教育システムとテキストの開発を目指した研究活動に興味のある企業・団体の支援と連携を求めている。
●研究者
教授 楊 凱栄
大学院総合文化研究科 言語情報科学専攻
教授 小野 秀樹
大学院総合文化研究科 言語情報科学専攻
●画像


クリックで拡大

小野秀樹・木村英樹・張麗群・楊凱栄・吉川雅之著『現代漢語基礎(改訂版)』(白帝社、2013年)
(C) 白帝社

楊凱栄・張麗群著『初級から中級へ 表現する中国語供戞頁鯆觴辧2007年)
(C) 白帝社
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。