新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6582   (公開日 2013年09月17日) (カテゴリ 医学・薬学
がん性疼痛に対する遺伝子多型に応じたオーダーメイド鎮痛と新規鎮痛薬創薬分子の探索
●内容 がんの臓器への浸潤による痛みやがん治療に伴う痛みを「がん性疼痛」と呼ぶ。がん性疼痛には様々な病態があるが、いずれの病態に対してもオピオイド鎮痛薬は有用性の高い鎮痛薬である。しかし、オピオイド鎮痛薬には様々な副作用があるだけでなく、十分な鎮痛に必要な用量が患者毎に大きく異なる。
この研究室は、がん性疼痛患者の遺伝子多型調査を行い、オピオイド鎮痛薬の必要量を規定するオーダーメイド鎮痛の基盤を研究している。さらに、オピオイド鎮痛薬に抵抗性を示す病態と関連した遺伝子多型の調査から新規鎮痛薬の開発に繋がる分子の探索を行っている。
このような研究に興味のある企業や団体等との共同研究が可能である。
●研究者
准教授 住谷 昌彦
大学院医学系研究科 医学部附属病院
教授 山田 芳嗣
大学院医学系研究科 外科学専攻
●画像


クリックで拡大

遺伝子多型調査による疼痛治療
がん性疼痛患者のゲノム解析によってオーダーメイド鎮痛の提供だけでなく、新規鎮痛薬創薬候補分子を探索する
(C) 住谷昌彦
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。