新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6594   (公開日 2013年10月03日) (カテゴリ 経済・経営・政策・法律社会・文化・教育
異文化コミュニケーションと中国語翻訳・通訳の質向上に関するコンサルテーション
●内容   近年、日本と中国との交流が広がるにつれて、日中両国の政治、文化だけでなく、人々の考え方の違いによって生じる摩擦がクローズアップされてきた。実際に考え方や行動習慣の違いだけで、同じ職場で働きながら、中国人と良好な関係が築けなかったり、せっかくまとまりかけた商談も成立しなくなったりすることも少なからず存在する。もっと深刻なのは、せっかく中国に進出してきた企業が余儀なく撤退せざるを得ない事態に追い込まれたということも耳にする。
  一方、言語表現の問題で、定款、契約書、商品・技術説明書、HP内容などにおいて、日本語の外注翻訳では、曖昧さや誤解によるトラブルの発生や、表現の仕方により、商品イメージが損なわれることもしばしば起こっている。
  そこで、こうした企業や団体にとっては如何に中国人の考え方や行動習慣を理解し、彼らとコミュニケーションを行うことが大事な問題になってくる。
  この研究室では、中国語と日本語の文法構造に関する対照研究を行い、日中間の表現の違いに関する研究や誤用(ことばの間違い)の原因ついての分析や対策を行っている。これまで、多くの当該テーマに関する論文を発表してきた。また、NHKラジオ講座応用編の講師を務めたとともに、『表現する中国語』、『語感を磨く中国語』、『もっとのばせる中国語』などの多くの中国語に関する著書を著している。
  このような研究活動に基づき、この研究室では中国人とのコミュニケ―ションの取り方や如何に自己アピールをし、自らの考えを外国語である中国語で表現するかというノウハウを提供すると同時に、翻訳や通訳の質の向上を目指す企業・団体に対し、コンサルテーションを行う用意がある。また、条件が整えば、将来、質の高い翻訳を事業とするベンチャーを立ち上げることもあり得るので、支援する企業・団体を求めている。
●研究者
教授 楊 凱栄
大学院総合文化研究科 言語情報科学専攻
●画像


クリックで拡大

楊 凱栄『NHKラジオ中国語講座 入門を終えたら 語感を磨く中国語』(NHK出版 、2007)

楊 凱栄『旅して学ぶ中国語』(朝日出版社、2010)
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。