新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6670   (公開日 2013年12月26日) (カテゴリ 社会・文化・教育
後期ローマ帝国の歴史と社会
●内容  地中海に覇を唱えた古代ローマ帝国の歴史を研究しているが、なかでも帝国がキリスト教化し、外民族の侵入と対応に苦慮した帝政後期(初期ビザンツとも呼ばれる)を対象としている。主に扱っているのは古典ギリシア語、ラテン語で書かれた古典と法史料、教父著作といった文献史料である。現在は、ギリシア修辞学の教師として活躍したリバニオスという人物の作品分析を通じて、彼が活躍したシリアおよびその周辺地域(現在のトルコ共和国をはじめとした東地中海世界)に残したローマ帝国の文化的・社会的影響を主に調査している。
 地中海世界における歴史的風土、史料テキストについての情報提供はもちろんのこと、ギリシア古典やローマ法、修辞学教育といった古代の文化的遺産の継承と受容過程を歴史的に分析していることから、文化が時間的・空間的に伝播される上でどのような変質を蒙ったのか(例えば、歴史がどのようにして「作られて」いくかなど)についても情報を提供することが可能である。
●研究者
准教授 田中 創
大学院総合文化研究科 地域文化研究専攻
●画像


クリックで拡大

リバニオス/田中創訳『書簡集1』(京都大学学術出版会、2013年)
(C) 京都大学学術出版会

アンティオキア(現トルコ、アンタキヤ)の遺構調査時に撮影
(C) 田中創
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。