新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6810   (公開日 2014年06月23日) (カテゴリ 環境・エネルギー情報・通信経済・経営・政策・法律
知的シミュレーションに基づく非線形情報処理と社会シミュレーション
●内容 知的情報処理と計算力学、高速計算技術を統合化した知的シミュレーションに関する研究開発を行っており、これまでに、次のシステムを開発した。
1.統計処理とニューラルネットワークに基づく非線形多変量解析システムn-DESIGN
2.社会的意思決定を支援する多次元情報の対話型可視化システムADVENTURE_DecisionMaker
3.破損確率情報と財務指標に基づく発電プラント・化学プラントのメンテナンス最適化のための統合型シミュレータDr. Mainte
を開発してきた。これらの特徴は、PC上で稼働し、実機や実現象を対象とした実用シミュレーションソフトであることであり、これまでに次のような問題に適用されてきた。
1.製品の感性設計
2.人工衛星の熱構造最適設計
3.自動車の腐食寿命予測
4.健康で知的生産性に優れたオフィス環境デザイン
5.合理的で実用的節電戦略立案
6.原子力発電所のメンテナンス戦略立案
デザインや環境整備、メンテナンス戦略、節電戦略のように従来人間の経験に基づいて対処されてきた課題を、より合理的に解決したいという希望を有する方との共同研究を希望する。
●研究者
教授 吉村 忍
大学院工学系研究科 システム創成学専攻
准教授 山田 知典
人工物工学研究センター
講師 藤井 秀樹
大学院工学系研究科 システム創成学専攻
●画像


クリックで拡大

n-DESIGNを用いた知的オフィス環境の影響度分析(不安感)
(C) 吉村忍

ADVENTURE_DecisionMakerを用いた、多次元デザイン空間の対話的可視化例
(C) 吉村忍
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。