新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6852   (公開日 2015年02月04日) (カテゴリ 環境・エネルギー
中央海嶺の熱水循環系を活用した長期安定・高効率な二酸化炭素固定法の研究・開発
●内容 海底に地球規模で分布する中央海嶺では、大量のCaO(噴出する玄武岩中に高濃度に含有されている)と火山の熱エネルギーが供給されている。そこでは熱水循環系により、海水と玄武岩が活発に反応している。この熱水循環系にCO2を高濃度に含む流体を流入させれば、新たな熱エネルギーを加えることなく、容易に長期間安定で、かつ無害なCaCO3が大量に生成できる。この方法は厳しい排出規制が課されている二酸化炭素の固定法として極めて斬新なものであり、長期安定・無害・高効率・低コスト・大規模な固定方法として実用化が可能である。
本技術は地球環境変動のメカニズムを解析して見出したものであり、最も地球に優しい二酸化炭素固定化技術といえる。この技術に関心のある企業あるいは団体とその実用化のための研究を進めていきたい。
●研究者
教授 加藤 泰浩
大学院工学系研究科 エネルギー・資源フロンティアセンター
准教授 中村 謙太郎
大学院工学系研究科 システム創成学専攻
●画像


クリックで拡大

過去と現在における地球表層の炭素固定システム
(C) 加藤・中村研究室

CO2貯留層候補地としての海洋地殻
(C) 加藤・中村研究室
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。