新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6878   (公開日 2014年10月06日) (カテゴリ 情報・通信経済・経営・政策・法律土木・建築
新しい空間評価・計画支援ツールの共同開発
●内容 都市における良好な住環境を形成するための、都市計画や住宅政策のあり方、住環境・都市環境の適切な評価・解析手法等について研究を行っているこの研究室では、現在、下記の開発を目指して研究を進めている。これらに関心を有する企業、自治体等との共同開発を希望している。
都市の空間要素の形状や配置を理論的に最適化できる解析手法の開発
住環境などの評価手法の開発
不動産評価や計画のための新しい支援ツールの開発
市街地を解析してその情報を提供していく空間情報ツールの開発
●研究者
教授 浅見 泰司
大学院工学系研究科 都市工学専攻
大学院情報学環 総合分析情報学コース
●画像


クリックで拡大

浅見泰司編著『都市の空閑地・空き家を考える』(プログレス、2014年)

宇都正哲・植村哲士・北詰恵一・浅見泰司編『人口減少下のインフラ整備』(東京大学出版会、2013年)

浅見泰司・中井検裕・山口幹幸・佐土原聡・陣内秀信・遠藤薫・井関和朗・今泉宜子・奥森清喜・河村茂・楠亀典之・齋藤智香子・祖父江光治・中川智之著『環境貢献都市東京のリ・デザイン』(清文社、2010年)

日端康雄・浅見泰司・遠藤薫・山口幹幸編著・永森清隆・中川智之・楠亀典之・齋藤智香子・松村秀弦著『東京モデル―密集市街地のリ・デザイン』(清文社、2009年)
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。