新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6882   (公開日 2015年02月09日) (カテゴリ 環境・エネルギー素材基礎科学
ビーズミル粉砕と再結晶化プロセスを組み合わせたゼオライトナノ粒子の新規調製法
●内容  この研究室では、環境、エネルギー分野で中心的な役割が期待されているナノ空間材料を主な研究対象として、これまでにない新規ナノ空間材料の創出やそのための合理的なプロセスの開発を目指している。
 研究対象の1つであるゼオライトは、結晶性・多孔性アルミノシリケートの総称で、1nm以下の細孔を含有し、イオン交換特性、吸着特性、固体酸性質(酸触媒特性)をもつため、工業的に広く利用されている。ナノサイズ化させるとこれらの様々な特性が向上することが知られているが、ナノサイズ化の最も一般的な手段である水熱法には、希薄溶液中で結晶化させるため生産性が低い、また結晶化制御のために使用する有機構造規定剤が高価、といった問題がある。
 本研究では、ゼオライトをビーズミルにより粉砕し、粉砕によって生じた非晶質層を再結晶化させることで結晶性の高いナノゼオライトの作製に成功した。この製法により、以下のような効果があった。

 ・有機構造規定剤を使用せずにナノサイズ化が可能
 ・収率はほぼ100%を達成(安価な原料がすべてナノサイズ化)
 ・粉砕の度合いで粒度分布を自在に制御可能 (30nm〜)
 ・工業的に利用されているすべてのゼオライトのナノ化に成功

 この新たな調製法の実用化を目指すべく、関心を持つ企業との連携の用意がある。
●研究者
准教授 脇原 徹
大学院工学系研究科 化学システム工学専攻
●画像


クリックで拡大

微細ゼオライト製法の模式図
.咫璽坤潺襪砲茲襯璽ライトの微細化
∈瞳訃讐修砲茲觜盞訃柔ナノゼオライトの作製
(C) 脇原 徹
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。