新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6906   (公開日 2014年12月03日) (カテゴリ 社会・文化・教育
コミュニケーション能力の発達に関する研究
●内容 生まれたばかりのときには何もできないように見えた子どもも、やがて、言語を話すようになり、新しくであった問題にも賢く対処できるようになっていく。このあたり前に見える変化がどのようにして起こっているかは明らかにされていない。
この研究室では、教育心理学、発達心理学の観点から、子どもの言語(話しことば,書きことば)の獲得過程、その前提となる、人の気持ちについての理解の発達、そこでのことば(音声)の役割に着目し、乳児から成人までを対象とした研究を行っている。特に0歳〜2歳の子どもを対象とした実験的研究の実績から、行動指標を手がかりに単語や文の聴取や理解を検討するためのノウハウを得てきた。
これらの研究やノウハウに興味を持つ各種教育・研究機関や企業との連携が可能である。
●研究者
教授 針生 悦子
大学院教育学研究科 総合教育科学専攻
●画像


クリックで拡大

レキシコンの構築 子どもはどのように語と概念を学んでいくのか
(岩波書店)今井むつみ(著)、針生悦子(著)

言語心理学 (朝倉心理学講座)
(朝倉書店)針生悦子(編著)

言葉をおぼえるしくみ ─母語から外国語まで
(筑摩書房)
今井むつみ(著)、針生悦子(著)
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。