新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6923   (公開日 2015年01月07日) (カテゴリ 経済・経営・政策・法律土木・建築
社会資本のアセットマネジメント
●内容 社会資本におけるアセットマネジメントは、国民から預かった税金や料金などをインフラ資産に投資し、その運用、管理を通して公共サービスを国民に還元するための体系化された活動である。社会資本の運用における維持管理マネジメントは、最初に目標とするサービス水準や管理水準を設定した上で、インフラの損傷状態を「点検」し、その結果に基づき健全性を「診断」し、さらに必要な修繕を「措置」し、これらの内容を「記録」するサイクルで構成される。このマネジメントサイクルを廻すためには、維持管理を実践するためのエンジンを用意する必要がある。事業に必要な資金のマネジメントシステム、事業を実施する体制と人員のマネジメントシステムを構築し、各種判断を支援する分析技術とデータベースを活用した情報のマネジメントシステムを活用するしくみが必要である。
厳しい予算制約の中で、新たな計画や維持管理すべき社会基盤施設を抱える地方公共団体等の事業者に対して、これらのマネジメントシステム導入のための共同研究 (事業計画の策定等)を提案する。また、コンサルティング等による協力も可能である。
●研究者
教授 小澤 一雅
大学院工学系研究科 社会基盤学専攻
●画像


クリックで拡大

「社会資本のアセットマネジメント」
国民の共有財産である社会資本を、国民の利益向上のために、長期的視点に立って、効率的、効果的に管理・運営する体系化された実践活動。工学、経済学、経営学などの分野における知見を総合的に用いながら、継続して行うものである。
(C) 小澤一雅

「維持管理マネジメントと動かすエンジン」
維持管理のマネジメントサイクルを廻すためには、これを動かすエンジンとして、資金調達と体制(人員)の整備を行うとともに、効率的に実践するためのデータベースや分析ツールを活用することが有効である。
(C) 小澤一雅
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。