新着情報 テーマカテゴリ 全カテゴリバイオテクノロジー医学・薬学農林水産・食品環境・エネルギー素材機械情報・通信エレクトロニクス航空・宇宙大気・海洋経済・経営・政策・法律土木・建築社会・文化・教育基礎科学 ごあいさつ ご利用にあたり 検索方法 プライバシーポリシー ご意見・ご質問 実例集 見つからない場合は? DUCRホームページへ トップページ geta_logo
print
印刷時に縮小されてしまう場合などにご利用ください。

整理番号 6927   (公開日 2015年01月19日) (カテゴリ 医学・薬学
筋骨格系変性の予防・治療のための在宅(遠隔)フィットネス・モニタリング&ティーチングシステム
●内容 介護が必要になる原因のうち筋骨格系障害が約25%である。要介護状態を予防・改善するためには、高齢者だけでなく、50歳代以降の中壮年期からの運動習慣の確立が重要である。
この研究室では、自宅で運動・体操を行い、その運動内容を病院に居る医師や理学療法士が評価し、個々の使用者に応じた運動・体操を指導できる在宅(遠隔)フィトネス・モニタリング&ティーチングシステムを開発した。
使用者の体格に合わせた運動指導ポリゴン(3次元ヒト型モデル・図赤)を、使用者のポリゴン(図・灰色)とともにモニターに並列させることによって、運動指導ポリゴンと使用者が実際に行っている運動内容がどれくらいずれているかを前方だけでなく側面からも視認し警告を提示できる。
運動指導ポリゴンは、医師や理学療法士が自分の身体を運動させることによって簡単に作成可能であり、3次元CGを描画する技能は不要である。さらに、各関節毎に容易に運動内容の修正が可能である。
病院から使用者自宅のPCを遠隔操作する通信機能を装備し、使用者が高齢等によりPC操作ができなくても本機器を使用できる環境を整備している。
このシステムに関心のある企業・団体との共同研究を希望する。
●研究者
准教授 住谷 昌彦
大学院医学系研究科 医学部附属病院
●画像


クリックで拡大

在宅フィットネス・モニタリング&ティーチングシステム概要図
運動指導ポリゴンを提示し、運動を教示する。使用者の運動が正確に行われなかった場合には警告が表示される。使用者の各関節の3次元データは病院で記録される。使用者の運動機能に合わせた運動指導を実施できる。
(C) 住谷昌彦
mail
上記内容は、各研究者へのインタビューをもとに東京大学 産学協創推進本部で骨子をまとめたものです。
本件に関する共同研究等のお問い合わせは、左のバナーをクリックしてください。スタッフがお問い合わせをお受けいたします。